性病の多くは、薬で治療することができます。

病気は薬でキチンとなおしましょう

注意すること

セックスを楽しむ方は、たくさんいます。それは、私たち人間にとって究極の娯楽でもあり、また、子孫を反映するためには欠かせない行為でもあります。もちろん、「子どもが欲しいから」と子孫の反映を目的にセックスを行なう方はたくさんいますが、快楽を求めて楽しむ方もたくさんいることでしょう。そういった目的で楽しむ方も多いことから、街中にはたくさんの性風俗店が存在するのです。
このように、多くの人々がセックスを楽しんでいますが、中には、それが原因で病気にかかってしまう方も少なくありません。セックスを行なうことでかかってしまう代表的な病気として、「性病」があげられます。性病とは、性感染症のことを指します。「感染症」でもあるため、病院を受診し、薬を処方してもらうなどして治療していかなくては、周りの人にどんどんうつしてしまうことになります。周りに感染していくと、それがまた新たにどんどんと感染していく悪循環となるため、早めに気付いて治療を受ける必要があるのです。
「私は大丈夫だろう」「僕に限って、そんなことはないだろう」と考える方も多いとは思いますが、性病の中には自覚症状がないものも多く、気付かずに周りにうつしてしまっているケースも多々あります。それを知らずにパートナーとのセックスを続けていると、「ピンポン感染」と言っていつまでたってもうつし合いをしてしまうことにもなりますので、定期的に検診することをオススメします。もしくは、きちんとコンドームなどを使用してセックスを楽しむようにしましょう。

さまざまな種類

性病には、さまざまな種類が存在しています。エイズをはじめ、クラミジアや淋病、性器ヘルペスやカンジダ症、梅毒や毛ジラミ、尖圭コンジローマや膣トリコモナス症など多岐に渡ります。その多くは、薬で治療できます。

READ MORE

うつる経路

薬で治療できるものが多い性病ではありますが、その代表的な感染経路は、「セックス」です。しかし、セックス以外にも、プールや温泉、銭湯や岩盤浴などでもうつる可能性があります。

READ MORE

保険適用の有無

性病は、明らかな症状が出ている場合の受診や薬が処方された場合に限り保険が適用されます。そう、性病は保険診療できる病気なのです。しかし、無症状の場合は、厚生省の規約により自費診療となっています。

READ MORE

大人のマナーとして

性病とは、感染する病気です。しかし、多くの場合は薬で治すことができます。それにより、「もしかしたら…」と思った場合は、パートナーにうつさないためにも検査を受ける必要があります。

READ MORE